北海道のカニ・牡蠣・鮭などの海産物のお取り寄せ通信販売・グルメギフト通販なら「とれたてねっと」

  • 最高級黒毛和牛シャトーブリアン・サーロインステーキ食べ比べ
  • 最高級黒毛和牛シャトーブリアン・サーロインステーキ食べ比べ
  • 最高級黒毛和牛シャトーブリアン・サーロインステーキ食べ比べ
  • 最高級黒毛和牛シャトーブリアン・サーロインステーキ食べ比べ

最高級黒毛和牛シャトーブリアン・サーロインステーキ食べ比べ

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
商品によってはご予約いただける商品もございますので、ご希望の際は以下の予約ボタンよりご予約お願致します。
入荷次第、改めてお客様へお知らせ致します。

ご予約はコチラから
  • 最高級黒毛和牛シャトーブリアン・サーロインステーキ食べ比べ
  • 最高級黒毛和牛シャトーブリアン・サーロインステーキ食べ比べ

商品詳細

内容量
・シャトーブリアン 180g
・サーロインステーキ 180g
産地
加工地
奈良県
賞味期限
冷凍14日
保存方法
要冷凍
お届け日
商品発送後、メールにてお知らせいたします。

専用箱にいれヤマト運輸クール便にてお届けいたします。

店長コメント

一頭の牛から僅か2kg程しかとれない究極の稀少な最高級部位:シャトーブリアン! フィレ肉の中でも最も肉質が良く、美しくキメ細かいサシを描き、赤身肉と甘い脂身が、絶妙のハーモニーを奏でる!!
 細かいサシの入った赤身肉なのに柔らかく、肉汁もたっぷりのお肉です!わさびでピリリといただくのが最高です!

超稀少な柔らか極上肉
シャトーブリアンの特徴

お肉の女王「シャトーブリアン」。
フランスの政治家・作家である
シャトーブリアンが、好んで調理させたことからその名を冠する
この極上肉のもつ豊かな香りと
ジューシーで甘く口中に広がる旨味。

シャトーブリアンは、元々貴重なフィレ肉(テンダーロイン)の中央部の最も太い部分。

フィレ肉が牛一頭の3~5%程しか取れない稀少部位なのですが、シャトーブリアンは更に稀少で一頭の牛から僅か2kg程しかとれない究極の稀少な部位です。

シャトーブリアンは、フィレ肉の中でも最も肉質が良く、美しくキメ細かいサシを描き、赤身肉と甘い脂身が、絶妙のハーモニーを奏でるとても柔らかいお肉です。

箸でほぐれるほど、とよく表現されていますが、まさにそんな柔らかい肉質なのです。

シャトーブリアンはただ柔らかいだけではなく、脂肪がそれほど含まれていないのも特徴のひとつです。

一般に柔らかな肉は、霜降りのきれいな肉のように赤身に脂身が混在することでその食感が生み出されますが、シャトーブリアンは、細かいサシの入った赤身肉なのに柔らかく、肉汁もたっぷりの部位です。

シャトーブリアンとは

サーロインの内側にある腰椎に沿った細長い部位がフィレ肉(テンダーロイン)です。

このフィレ肉を三分割し、真ん中のいちばん柔らかい部位がシャトーブリアンになります。

フィレ肉が牛一頭の3~5%程しか取れない稀少部位なのですが、シャトーブリアンは更に稀少で僅か2kg程しか取れません。

フィレ肉は牛の筋肉なのですが、牛の身体の中で最も動かすことのない部位なのでこんなに柔らかく成長するのです。

サーロインの特徴

お肉の王様、貴族の称号を
与えられた「サーロイン」。

上品な旨みを持つ最高部位は、その昔ヘンリー8世にロイン(腰部)を出したところ、あまりの美味しさに貴族の称号「サー」を与えたという話は有名です。

サーロインは、リブロースとモモの間に位置する部位のお肉です。

肉質はキメ細やかで、きれいなサシが入り、柔らかな食感とコク深く豊かな風味を味わえます。

キメ細かな肉質に美しいサシの入ったサーロインステーキ。

ステーキならサーロインと言われるほど人気の高いリブロースの後部に続く高級部位です。

脂が甘く、とろける食感を生むと同時に、口いっぱいに広がる極上肉ならではのコク深い旨味に脂っこさを感じさせません。

とれたてねっとが厳選した
シャトーブリアンとサーロイン

当店が取り扱うシャトーブリアンとサーロインは、ミシュランガイド三ツ星レストランに素材提供している創業百余年の黒毛和牛専門店より、厳選した黒毛和牛を独自の技術で熟成し、口いっぱいに広がる極上肉の旨味を損なわないようご注文毎にステーキカットし、最もお肉が美味しい状態でお客様へお届けしております。

『より良い牛肉を求め続ける』という精神をもとに、多くの守るべき伝統を継承しながら最高品質の牛肉を探求し、黒毛和牛の品種改良から、飼料、育成法、また牛肉の熟成法まで常により良いものを求め努力しているシャトーブリアンとサーロインを取り扱いしております。

上手な解凍法

一度冷凍したお肉を解凍する時は、冷蔵庫でゆっくりと時間をかけて解凍するのが一番です。 急激に解凍しようとすると、ドリップ(肉汁)と一緒に旨味が逃げ出してしまいます。

  • Point 1召し上がる前日か当日の朝、冷蔵庫へ移してください。
  • Point 2調理開始の10~15分前には冷蔵庫から出して室温に戻しておくのがポイントです。

※急速冷凍、自然解凍を心がけると風味の損失を抑えることができます。

ご家庭でも美味しく

  • Point 1必ず室温に戻してから調理してください。
    約15~30分前には冷蔵庫から出しておきます。
  • Point 2塩・コショウは、焼く直前に振ります。
    塩を早く振ると旨味を含んだ肉汁が出てしまいますので、必ず焼く直前に振ります。
  • Point 3フライパンは先に熱しておきます。
  • Point 4焼き加減にかかわらず、ステーキは最初強火で30秒焼きます。
    表面のたんぱく質が固まり、肉汁の流出を防ぎます。あとは弱火で外側が焦げないようにフライパンを前後に揺すり、時々肉を持ち上げて底にも油を回します。
  • Point 5一度裏返すだけで焼き上げる。
    フライパンの中で何度も裏返すのはNGです。表面に熱がまわりすぎ、固くパサついてきます。お好みの焼き加減になったら出来上がりです。

レシピ

お買い物ガイド

お支払方法や送料・配送についてご案内いたします。